季節のこと

雨季と梅雨の違いとは?ハワイの雨の多い時期とは?

雨季という言葉を多くの人は聞いたことがあると思います。

でも梅雨というのもありますがこの二つがどのような違いがあるのでしょうか?

雨季の意味や雨季に良い商品を紹介していきたいと思います。

雨季の意味とは?

雨季というのはまず日本にはない言葉なんですね。

それはなぜかというと雨季というのは赤道近くや熱帯地域などは気温の変化が特に変わることではないので季節の変わり目というのは雨の多さで決まる。

この雨の多い時期を雨季といいます。逆に雨の少ない時期を乾季といいます。

 雨季がある国や地域は?

インドネシアや東アフリカ・フィリピンなどサバナ気候の地域にあるとされてる

 

例えばインドネシアでは雨季は11月~4月

乾季は5月~10月です。

この時期の分け方は先ほども言ったように雨の量で決まります。

インドネシアに行くときはこの時期も吟味して旅行計画立てるようにしましょう。

雨季にいった場合では日本の梅雨と同じように雨の日が多くなってしまうので気を付けましょう。

 

雨季の時に便利な商品

 

この商品は海外に行くときのアウトドアのかっこいいレインコートとしてとても人気の高い商品になります。

このレインコートを荷物の中に入れておくだけで突然の雨にも対応できますし服装的にもおしゃれですので満足いくこと間違いなしですね。

色もたくさんありますし値段もお手頃となっていますので是非覗いてみてください。

ハワイの雨季の時期とは?

ハワイの雨季は10月~3月になります。

芸能人などが年越しにハワイに行ってることが多いと行きますが実は雨季に行っているので雨のエピソードが多いんですよね。

逆に乾季は4月~9月になりますので学生の夏休みの時にいくと雨が少なく行けるんですね。

ハワイにもっていくと便利な商品

こちらの商品は日本から充電器などの電化製品を持っていくときに必要になるかもしれない商品です。

ハワイなどでは変圧器もありますが対応していないところもあります。そこで必要なものがこの変圧器になります。

使い方はとても簡単でコンセントにさすだけ。

それだけで日本にいるときと同じように電化製品が使えるようになります。

携帯電話やパソコンなど普通の生活をしていくのに必需品になってきたこのご時世で充電できないというのはもう

生きていけないと感じる人も多いのではないでしょうか?

雨季のハワイの注意点

雨季は雨が多いということを書きましたね。

そこでハワイの雨季の特徴と注意点を書いていきます。

ゲリラ豪雨が多い

スコールという言葉を聞いたこともあるかと思いますがスコールというのは局地的に短い時間で降水量が多い激しい雨のことを指します。

この雨を予想して防ぐということはとても難しいです。

なので持ち運びしやすい傘を持っていたりおしゃれのレインコートを着ておくのも手ですね。

最後に

書いたことを最後にまとめてみましょう。

日本には雨季というのはない

雨季というのは赤道近くや東南アジアなどに多い

雨季は雨の量で季節の変わり目を表す。

ハワイの雨季は10月~3月

などでした!
雨は嫌いなんで海外に行くときはこういう雨季というのも

気にしていたほうが楽しい海外旅行になります