季節のこと

秋の雲の種類を画像付きで紹介!うろこ雲がなぜできるのか?

夏が終わり気温も低くなってきて
涼しくなってきましたね。

ふと空を見上げるとあるのは
ですよね!

夏から秋にかけて変わるのは
気温だけではなくて、雲も
変わるんですよね!

秋の象徴ともいわれる
雲について紹介していこうと
思います!

秋の雲といえばうろこ雲

夏の雲は大きい入道雲が有名ですが
秋にも有名な雲があって、
それは「うろこ雲」といいます!
秋の雲

この画像を見れば見たことあるあると
思う人が多いと思います!

実はこのうろこ雲は秋を象徴する
雲であると同時になんともう一つ
説程度ではありますが、ある説が
あるんです!!

秋の雲のうろこ雲は地震の前兆?

それはなんとうろこ雲が出てくると
地震が出てくるという説があるんです!

しかし、それは間違っているといわれて
います!その理由は地震の前に起きる
不可解な形の雲の「地震雲」と
あまり雲らしくないうろこ雲が
似ていることから、
うろこ雲が出ると、地震が起きるという
説ができているといわれています!
秋の雲
こちらが地震雲といわれている雲です。

またこちらの雲ができたからといって
地震が起きるわけでもないですし、
この雲が発生する条件も分かっていないので
あまり気にすることはないですよ!

秋の雲のうろこ雲のでき方とは

さて秋のうろこ雲ですがどうやって
出来るのでしょうか?

あの特徴的な規則的になる雲は
ペナール対流と呼ばれるものによって
出来ているんです!

ペナール対流とは温度差のある流れの中で
下の熱は上に運ばれて上に上がり上に
上がった後は、熱が放出されて冷えて
下に降りていくということになります!

この対流が雲の大気の中で発生して
あの規則的な雲ができるんですよね!

難しくてよくわからないという人は
秋になると規則的な雲だなぁーと
思うだけで中の人はいいと思います。笑

ただ、秋にしかこの雲ができないので
気温や気流などがすべて合わさって
出来たものがうろこ雲だと思うと
少し感動しませんか?

秋の空が高い理由は?

よく秋の空が高いというのを
聞いたことがあると思います!

あれは適当に言っているのでは
なくて実際に雲が高いんですよ!

雲には

  • 高層雲
  • 中層雲
  • 下層雲

と呼ばれる種類があって
秋の空のうろこ雲は、
高層雲に分類されますので
秋以外の雲に比べて
実際に高いんですよね!

逆に嵐の日の雲は重圧感があって
低く感じるかもしれないですが
あの積乱雲といわれる雲も
実際に下層雲と呼ばれる
低い層で雲が出来ているんです!

秋の雲のうろこ雲の別名は?

うろこ雲には実はうろこ雲以外にも
名前があるんですよ!

こちらはいわし雲
秋の雲

空いっぱいにイワシのような雲が
広がっていますよね?

これがイワシ雲と呼ばれる
雲になります!

次はさば雲
秋の雲

見たまんまですがサバに見えることから
サバ雲と呼ばれるんです!

このように一概にうろこ雲と呼ばれる
ものも雲の見え方によって、名前が
変わるんです!

しかし、わかっていてほしいのは
うろこ雲サバ雲イワシ雲
三つの雲の種類も
一つの巻積雲(けんせきうん)
呼ばれる種類であることはわかって
おいてくださいね!

まとめ

今回は秋の雲について紹介して
きましたがどうでしょうか?

秋の空は高いといわれていますし
天候が結構あれるのが秋ですので
あまりきれいに見ることがないかも
しれないですが、見えた時は
友達に自慢してあげましょう!