季節のこと

北海道の七夕祭りが一か月遅れの理由と内容とは?

七夕まつりとは一般的に7月7日に行うことが多いのですが、

北海道ではなんと一か月遅れの八月に七夕まつりをしているというのです。

なぜ北海道は一か月遅れなのか、また普通の七夕祭りではあまりない

北海道独特の祝い方をするのでそちらのほうも見ていきましょう。

北海道の七夕祭りはなぜ一か月遅れなのか?

七夕
いろいろ諸説はありますが新暦と旧暦の違いがあるといわれています。

新暦と旧暦にはずれが出てきてしまいますので地域などによっては

新暦ではなくて旧暦に合わせているところもあります。

その名残として北海道では八月に七夕祭りがおこなわれているといわれています.

北海道の七夕まつりはハロウィンのよう

七夕祭りは基本子供とかが将来の夢を書いて織姫と彦星にお願い事をするのが

主流ですが北海道は全然違うんですね。

まず子供たちはろうそくを持ちいろんな人の家を回ります。

その時に歌う歌というものがありましてそれがこちら。

ロウソク出せ 出せよ
出さないと かたなっちゃくぞ
おまけに 食いつくぞ

という歌を歌うんです。ちなみに「かっちゃくぞ」というのはひっかくぞという意味です。

この歌を聞いた大人たちは子供たちにお菓子をあげるというのが北海道の七夕なんですね。

ほんとまるでハロウィンのようなんです。

そしてあとは本州と同じように笹にお願い事を書いて祈るというのは同じです。

また北海道では竹が取れにくいので柳で代用することが多いんです。

北海道の七夕祭りは二回ある?

最初に書いた通り新暦と旧暦によってイベントごとを

どちらの暦で合わせるのかは地域制

変わるとかきましたが北海道は

広いので地域によって七夕祭りがやる日が

変わるんですね。

つまり北海道では七夕祭りが二回あるのです。

北海道はいろいろ面白いことがいっぱい

七夕
七夕が一か月遅れというのも

本州などではあまりない風習ですが

北海道は日本の最北端にある県

ですから少しの文化や常識の違いはあるもんですよね。

そこであまり道外の人には理解できないような

こともおおくありますので紹介していきます。

花粉症の種類が違う

本州ではスギ花粉やヒノキなどの

花粉症がなんと存在しないんです。

簡単にいうと日本では北に行けば行くほど

花粉がなくなっていくんですね。

じゃあ花粉症の人は北海道に行けば

幸せかというとそんな簡単な話ではなく

北海道は北海道独特の花粉症があるんですね。

その名前は「シラカバ花粉」といいます。

こちらの花粉は北海道全域なんですね。

そしてもう一つ残念なのがこちらのシラカバ花粉も

本州では最近花粉症になっている人が多いんですよね。

急に花粉症になったひとはこのシラカバ花粉の人が多いようですね。

花粉症はとてもつらいので予防も大事ですよね。

そこで花粉症に役立つ商品を紹介しておきたいと思います。

こちらはアロマオイルで花粉を防ごうという商品になります。

普通の花粉症の対策商品は喉が渇いたり

してしまうような商品も多いのですが

こちらの商品はアロマで配合していますので

気分もリフレッシュできるといういい商品です。

北海道はでっかいどう

さて冗談のような題目になってしまいました

が本当に面積も大きく野菜などの

基本の収穫量は47都道府県一番なんです。

日本の下地には北海道はかかせない場所になっているんです。

最後に

北海道の七夕祭りはとても興味深いものが多くありましたね。

  • 一か月遅れである
  • かっちゃくぞと歌う
  • ローソクくれよと歌うがローソクを上げずにお菓子をあげる

など普通の七夕とは違いますがその地域の七夕祭りがあっていいもんですね。