韓国

文在寅が日本を相手にするのを疲れたと発言?!がんばれ文在寅!!

どうもさかもっちゃんです!!

今回の動画は韓国の特別補佐官の
文正仁(ムン・ジョンイン)さんが

「、文在寅(ムン・ジェイン)は主張を変えない日本に疲れを感じ諦めかけている」
と朝鮮日報のインタビューで語ったようです。

ここまでやっただからがんばれ!!と思いますが
今回はこの発言の意図を今までの流れを通じて
見ていこうと思います。

まず僕の感想からですが、

がんばれムンジェンインってことですね。

韓国は日本に対してだけは低姿勢や弱気の発言を
してはいけないんですよね。

それは今までの歴史からもそうですし
「軽い脅しだけで日本は今までずっと
いうことを聞いていたのになんで俺の時だけ??」
なんて多分ムンジェンイン大統領は頭抱えてるんですよね。

韓国の大統領が日本をたたくのは一種の伝統芸みたいなもので
向こうの政治家は悪いことをすると国民が許さない風習があるけど
大統領や政治家は少なからず特権を利用したり
悪いことをして今の位置にいるわけですよ。

あくまで僕の意見ですよ、、

日本も同じような事があると思いますが日本人は
韓国の方と違ってデモも過激ではないし
攻撃性がないので悪事が働い出ても
直接的な行動はなく炎上して忘れ去られて終わり
というのがお約束ですが、、

韓国の大統領は国民が選んでいるはずなのに
人気が説かれる頃には亡命や逮捕など
されるんですよね。。

だからこそ怒りの矛先を日本に向けることで
国民の怒りを鎮めようということなんですよ。。

大統領の時は許されたけど任とかれたら
お前がやったことは韓国にとってダメな事だ!
みたいな感じですよね。

それが今までの大統領のほぼ全員ですので
ムンジェンインはこの仕組みを変えるために
玉ねぎ王子を無理やり法相任命をして
今も名を炎上しているわけです。

でも少し考えたら当然で、
任が解かれたときに捕まるくらいなら
今炎上しても仕組みを変えねば!!
みたいなことに必死なんですよね。

そんなムンジェンインが疲れたって言っているわけですよ。

ちょっと応援したくなりませんか??
もちろんこの日本に対しては無茶苦茶な事を
いっているだけですよ??

歴史的な合意を解いたりようやく実現したGSOMIAを
簡単にやめたりというやるほど
自分の首を絞めていってるんですよ。。

正直、僕は今毎日次はどんなことをするんだって
ワクワクしてるんですよ。(笑)

というのが僕の意見なんです。

文正仁(ムン・ジョンイン)さんの発言の中に

「日本も韓国も、相手をたたくと人気が出る構造」だとして
「相手に融和的な態度をとると国内政治で難しい状況に陥る。
だから強い姿勢に出る」と語った。
また過去史問題に関して、日本ではいつまで謝罪しなければならないのかという疲れが
韓国では心からの謝罪はなかったという認識が強いことについて「それが問題の本質」だととなえた

徴用工、慰安婦、竹島問題など日本と韓国の両政府間で
「完全かつ最終的に」(1965年日韓請求権協定)
「最終的かつ不可逆的に」(2015年日韓慰安婦合意)

これで終わりと明言したんですよ。。

それがもう無茶苦茶なんですよね。
だれか国際的に謝罪をして賠償金まで払って
謝った日本にこれ以上何をするべきだったんでしょうか??

最終的に不可逆的にという言葉で
これからも韓国と日本はパートナーとして
やっていけるはずだったんですが

韓国のパートナーへの意味合いがおそらく
「今だけ」「魅力がなくなれば切る」
という意味合いが強いので
文在寅さんがそれに従っただけ。

でも国際情勢は日本と同じ価値観が多いので
これから先の韓国と条約や同盟を
結ぶ価値がないと判断されることになるんでしょうね。

それではご視聴ありがとうございました!!

毎日更新しておきますので
是非チャンネル登録をお願いします!